J-LACCの物流技術

Logistics technology
J-LACCの物流の流れ

「カスタマーサービス」と「物流サービス」を軸に、荷主の受注~物流、そして販売代金の請求まで一気通貫で行っています。
「カスタマーサービス」においては、荷主の国内外の顧客から注文を受け、国内輸送や輸出入手配などの物流手配を行っています。合わせて荷主の顧客へ販売代金の請求や、債権債務管理を行っています。
また、「物流サービス」については荷主及び顧客要求に合った物流品質確保の為、物流工程全体管理や、物流事業者の管理、そして中長期的な物流品質維持向上の為の計画を立案し、実行しています。

肩を組むj-laccの社員
打ち合わせ中の男性社員

VISION

Vision

先端素材分野で荷主とお客様をつなぐ
ロジスティクス・コーディネイターとして、
協力企業の皆様と共に、価値提供能力を発揮、
研鑽して社会と暮らしに貢献します。

当社の目指す姿は次の3つです。

  • 1. 当社は価値提供能力を発揮、研鑽し、取引先様から高い評価と信頼を受けています。
  • 2. 従業員は誇りと自信を持って業務を行い、また、自ら成長を続けています。
  • 3. 会社と従業員は変化を乗り越えて、共に発展しています。

そのために足元及び10年後、30年後、50年後の未来を見据えて、社内外の環境を整えると共に、優れた物流サプライヤー各社様と協力して、荷主の価値提供の重要なプロセスを担い、お客様の生産・品質保証・事業活動に貢献して参ります。

カスタマーサービス

  • 受注業務

    Received order

    荷主の国内外の顧客から注文を受け、専用システムに受注登録を行っています。注文内容によっては在庫不足等により希望の沿えないケースもある為、荷主の製造部門と連携を図り、納期調整を行っています。また注文通りに製品を納入出来るよう、物流事業者への状況確認等を行います。

  • 請求業務

    Billing

    荷主の事業部門と連絡を取り合い、販売単価の確認や登録・修正を行い、荷主の顧客に対して正確な請求書等必要書類を発行・送付しています。また、債権債務管理を行い、顧客の認識と乖離がある場合は、正しい金額で計上出来るよう、荷主の事業部門と連携しながら対応を行います。

物流サービス

  • 物流企画

    Planning

    物流におけるコストダウンやリードタイム短縮、環境負荷低減などを企画・提案し、荷主へ提案、実行しています。また、市場動向や物流環境に応じた物流プロセスの見直しや構築に加え、物流品質の向上に向けた、様々な課題の解決に向けた取り組みをしています。

  • 梱包管理

    Control of packaging

    荷主の製品品質を保てるよう、製品の特性にあった包材(包装材料)の検討や購入先の選定、導入に加え、包材の在庫及びコスト管理を行っています。また、市場動向の調査に加え、他社包材との共用化検討等、包材のコスト最適化に向けた取り組みをしています。